Welcome to my blog

アクセスポイント

almater

almater

20160510_1.jpg
本日暫定工事なんですが、シェアハウスWiFi環境強化の工事をしてもらいました。
船堀にあるシェアハウスは全15室でとても広い空間です。
ここでWiFiの接続がイマイチというフィードバックがあり、
改善工事を行うことになりました。

今回学びましたが、広い環境におけるWiFiの設置は
簡単ではないですね。
ここのシェアハウスWiFiに関する流れをご紹介しましょう
シェアハウスオープン
・一般家庭で使うようなルーターを設置
・3ヶ月くらいは3〜4人で利用していて支障なし
・その後人が増えて接続が安定しなくなる
・設置したルーターの接続可能回線数が20程度しかなく、
 全然足りないことが判明。
ルーターを大型に変えてアクセスポイントを追加する
・一部の部屋は良好になったが、一部の部屋は改善されず
 ゲームや画像のストリーミングに支障がでる
・さらにアクセスポイントを増やすが改善されない
・NTTに調査してもらったところルーターの干渉が原因の可能性あり
・干渉を防ぐためルーターアクセスポイントを交換することに

こんな感じです。
どうもルーターはパワーをやや落として
アクセスポイント同士の干渉を防ぐ設置が望ましいそうです。
カフェとかで行われるセッティングも同様とのこと。

最初はルーター、アクセスポイント増やすたびにSSIDが増えたり
ネットワーク上の他の機器が見えたりしていましたが、
恒久対応することで1つのSSIDで
ネットワーク上の他の機器は見えなくなるそうです。

大きな面積のあるところでは、
このように一般家庭とは異なる環境が必要のようです。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply