Welcome to my blog

スポンサーサイト

almater

almater

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最終更新日--
Posted byalmater

4000勝

almater

almater

競馬界のスター武豊さんが
デビュー以来積み上げた勝ち星数です。
どのくらいすごいのか。
第2位はシンボリルドルフに騎乗していた岡部幸雄さんが2943勝。
もうぶっちぎりです。

武さんの記録は言うまでもないのですが
列挙するとその凄さを改めて実感します。

武豊騎手の主な記録>(出展:日刊スポーツWEB版)

 ◆JRA通算勝利 3837勝。2位は岡部幸雄元騎手の2943勝。
 ◆年間最多勝 05年の212勝。自身を除いた2位は09年内田騎手と14年戸崎騎手の146勝。
 ◆JRA・G1通算勝利 70勝。2位は岡部の31勝。
 ◆JRA重賞通算勝利 307勝。2位は岡部の165勝。
 ◆JRA通算騎乗数 2万35回。2位は柴田善の1万9703回。
 ◆JRA・G1連続制覇 23年(88~10年)。2位は岡部の11年。
 ◆JRA重賞連続制覇 30年(87年~継続中)。2位は岡部の28年。
 ◆最年少G1制覇 19歳7カ月(88年菊花賞、スーパークリーク)。
  2位は江田照の19歳8カ月(91年天皇賞・秋、プレクラスニー)。
 ◆ダービー勝利 5勝(98、99、02、05、13年)。
  2位はM・デムーロ、横山典、四位ら13人の2勝。

私は1993年あたりから2010年ころまで競馬を楽しんでいました。
まさに武さん絶頂の時代でしたので、
年間最多勝利数はいつも武さんだった印象です。

そして何よりも彼の騎乗スタイルはとてもきれいです。
ムチを入れるときなどは身体が上下左右に動くのですが、
武さんだけは脚から頭までピクリとも動きません。
場内を走っていると
顔はわからなくてもそのフォームで武さんだとわかります。

その彼も最近は苦戦しているようです。
2009年までは毎年のように
2割前後の勝率と4割近い連対率を誇っていました。
(これ、ものすごい数字です)
2010年から勝利数、勝率、連対率いずれも
彼にしては低迷しています。

体力を必要とするスポーツ。
今年47歳。
競馬界のレジェントとして
まだまだ元気な姿を見せて欲しいと思います。

写真は前日に走った皇居です。

20160917_1.jpg

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。