Welcome to my blog

Life Shift

almater

almater

今年最初の読書会の課題図書は
昨年11月邦訳が出版されてすでにベストセラーになっている
「Life Shift〜100年時代の人生戦略」

Work Shiftの著者リンダ・グラットンの著作。
たまたま昨年末にWork Shiftを遅まきながら読んだので
個人的にはシリーズとして読めた印象です。

医療技術の発達によりこれからは人生100年が当たり前になってくる中で
どうやって豊かな人生を送っていくのか
その考える視点を紹介してくれている本です。

すなわち定年退職する年齢である65歳前後で
残り十数年と思っていた余生が
35年前後もあると
収入面や普段の過ごし方は今までの考えでいいのか
という問題提起でもあります。

私が本著を読んで新たに得られた気づきをご紹介します。
1 人生ステージ
 これまでは「教育」「仕事」「引退」という3ステージに分解できる。
 これからは「仕事」の時間を増やす必要があり、
 この「仕事」の中に新たなステージが生まれる。
 (転職、独立など)

2 現在バイアス
 遠い先の話なら受け入れられるけど
 直近のことには自分の欲求にまけてしまうこと。
 とても耳が痛いです(笑)
 CO2削減には賛成だけどガソリン車に乗っている、みたいなことですね。

3 資産の形
 有形資産と無形資産に別れる個人の資産。
 そのうち無形資産は「生産性資産」「活力資産」「変身資産」にわけられる。
 とてもわかり易い定義で、自分の現状をすっきりと振り返られます。

4 レクレーション(娯楽)からリ・クリエーション(再創造)へ
 時間の過ごし方で、自分が心がけていた気持ちを文字化してくれました。

5 貯蓄は消費の先延ばし
 金融リテラシーがこれから大切になるということなんですが、
 今使わないことで将来の糧につなげる、という意識を改めて実感

本の趣旨は他にあるとは思いますが
自身がどう感じるかはひとそれぞれ(^^)

読書会では「これを20歳前後の人が読んだらどう感じるだろう」
という声がでました。
確かに40歳前後の我々からすると(私は抜けちゃいましたが・・・)
どう感じるかとても興味津々です。

最後に、これからの生き方という意味で
Work ShiftとLife Shiftはいずれも一度読んでおいたほうがいい本だと思いました。

20170112_1.jpg
最終更新日2017-01-13
Posted byalmater

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply