Welcome to my blog

右脳で絵を描く

almater

almater

MBAシェアハウスでは恒例のセミナーがあります。
毎週開催されている「英語耳を開こう」セミナー。
不定期ですが年に数回開催される「茶道」セミナー。

今回久々に違うテーマのセミナーが開催されました。
「右脳で絵を描く」セミナーです。

友人から「絵を描くことを教えてくれる素敵な方がいらっしゃる」と
ご紹介をいただいたのが今回の講師古賀さん。
右脳を使うことによって表現内容ががらっと変わる、とのこと。
子供の頃に絵を習っていた経験があったことと
昨年絵をかきたいと思って鉛筆など画材を買っていたこともあり
ぜひに、とセミナー開催をお願いしたのです。

開始1時間前からご息女とご一緒に来訪され
みっちり4時間半。
いや〜、脳が疲れました(^^)

本日のポイントは「見たままを描く」こと。
簡単だと思われるかもしれません。
とんでもないです(^^)
目で見た瞬間にそれまでの経験から得られた概念が
頭の中を支配し
その概念によって理解をしようとしてしまうのです。

指を見た瞬間に「指」という概念が支配し
目で見たわけではないのに
爪があって指紋があってペールオレンジ(昔の肌色)の色で
しわがあって、なんてイメージを勝手に作っているのです。
絵にするときにはその概念に従って絵を描いています。

この概念の呪縛から自分を解き放つこと
古賀講師はそれを「自由になる」とおっしゃっていました。
自分で勝手にしがらみをつくって
自由になることがとても大変(^^)
普段の癖、慣れが自分のしがらみを作っているんですね。

新しい感覚でした。
これからまた絵を描いてみたい、という気持ちがふつふつと出てきました。
あ〜、また受けたい。。

20170205_10.jpg
最終更新日2017-02-05
Posted byalmater

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply