Welcome to my blog

50歳からの「死に方」

almater

almater

突然のタイトルでびっくりしたかもしれません。
2月22日は「にゃんにゃん、猫の日」といっていた友人からいただいた本のタイトルです。
島耕作シリーズで有名な弘兼憲史さんが書き下ろしました。
廣済堂新書 『50歳からの「死に方」 残り30年の生き方』

ちょうど自分の年代でもあるので、
どんなことが書かれているのか興味本位で読んでみました。
企業に務め、
定年が60〜65歳くらい、
平均寿命が80歳くらい
という男性をイメージしています。
残りの人生をカウントダウンした時に
幸せな人生と思えるためには
今からこんなことを意識・行動しておくといいのでは、
という紹介をしてくれています。

人生80年とすると50歳はまさに人生後半戦の入り口みたいなものです。
何も意識しないでいると
定年後に困ってしまいますよ〜
という、ある意味世のお父さんたちを喚起するような本かもしれません。

私はかねてから「100歳まで生きる!」と公言しており
この本で書かれている前提よりさらに生きるつもりでいます(笑)
なので自分にとっては50歳というのはやっと折り返し。
50年いろいろなことができるチャンスがあります。
でもその前提として、自分が健康であること
すなわち健康寿命も100歳に近いことが必要です。
身体作りやメンテンナンスにも
自然と意識がいきます。

どう「安らかな死をむかえるか」
先日の祖母の死に触れ
自分のお手本を見せてもらった気がしました。

普段意識していたこと、意識していなかったこと
興味深い視点が数多くありましたので、
今度これにそってコラムかいてみようかな(^^)

書かれていることにすべて同調するつもりもないですし
ちょっと異なる見解を感じることもありますが
これからを考える上での着眼点だけでも
参考になると思います。

この本をくれた友人に感謝(^^)

20170222_1.jpg
最終更新日2017-02-23
Posted byalmater

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply